読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「××しないで」ではなく「〇〇して」と伝える

何年も前に母から聞いた話で印象的だったこと。多分、母がテレビで見た話の受け売りだけど。

 

言葉は言霊(ことだま)だから、ネガティヴなことを言うと相手はそちらに導かれてしまうらしい。

 

例えば、あるスイミングのコーチ(シンクロだったかも)が生徒にバタ足をしてほしくないところで「バタ足しないで」と言ったら、聞く側の耳には「バタ足」という言葉の方が強く印象に残ってしまってバタ足をしてしまうんだとか。そう言われてみると「バタ足をしてしまう気持ち」もなんだか分かる気がする。

 

だから「こうしてほしい」と思うことを伝えるほうが効果的らしい。【Don't】じゃなくて【Want】。実はけっこう難しことなのかもしれない。

 

危険物を取り扱う時なんかは例外もあると思うけど、ほとんどのコミュニケーションで使えそうだなあと思いました。