非純正のプリンタインクを使うことが習慣化した人へ

f:id:goodandbetter:20170927132844j:image

プリンタが壊れて急遽新しいプリンタを購入しました。今、プリンタってめちゃくちゃ安いんですね...壊れたプリンタはWi-Fi機能が出始めた頃で確か30000円ぐらいしたような...今やWi-Fi機能は標準搭載で、以前より小型化されているのに9800円+税で買えてしまった。

 

で、本題のインクです。ヤマダ電機で購入したのですがプリンタを決める際、店員さんにすごく親身に説明を受けたのでついでにインクについても聞いてみました。と言うのも壊れたプリンタはインクが原因ではないけど、2年ぐらい前からインクのコストに耐えきれず非純正を使っていたから。

 

「純正インクと非純正ってそんなに差があるんですかね?」

 

店員さんはごもっともな答えをくださいました。

 

「実は僕も非純正を使っています。でもプリンタを新規購入した人が非純正を使うのはやめた方がいいと思います。保証期間中にプリンタに何かトラブルがあった時に使っていたインクが非純正だった場合、保証対象から外れる可能性があるからです」と。

 

品質面ばかり気にして保証のことなんてすっかり忘れていました。最低でも保証期間が終わるまでは純正を使った方がいいとのこと。確かに買ったばかりのプリンタにトラブルが起きるなんて思っていないし、しばらく使ってみて順調ならコストを抑えるために非純正でいいかな、と思いそうですよね。でも、そのインクコストを抑えた結果、保証対象から外れてしまっては本末転倒。

 

店員さん曰く、「長く使ってもう十分モト取れるぐらい働かせたなと思えるぐらいになってから壊れる非純正に切り替える人もいますよ」と。

 

非純正のものを使うのは基本的に自己責任なので、店員さんという立場上、積極的にはすすめられませんでしたが、色んな方法を提案してくださってありがたかったです。

 

ネットショッピングは楽でいいけど、不明瞭な点がある場合はネットで調べるより、直接お店へ出向いて店員さんに聞くようにしています。結果、今回のプリンタは価格コムの最安価より安く手に入ったし大満足。

 

これはプリンタに限らず非純正パーツが存在する全てのものに当てはまるんだろうなと記事にしてみました。当たり前と言えば当たり前なんですが、意外と盲点で目からウロコでした。というわけで、保証期間中は純正パーツの使用をオススメします☺︎