[買ってよかった]自転車に乗る全ての人に知って欲しい反射板「ウィングリフレクター」

何年か前に観たTV番組で製造元の社長さんが紹介されていて知った自転車用の反射板「ウィングリフレクター」

 

夜に車を運転していた社長さんが危うく自転車に乗った人に衝突しそうになりヒヤッとした体験から作られたそうです。

 

一般的に自転車の反射板と言うと後輪の脇に固定で備え付けられているこういうタイプのものと

 f:id:goodandbetter:20170422192725j:image

 

ペダルのこれ

f:id:goodandbetter:20170422192741j:image

 

だと思います。

 

が、その社長さん曰く「これだけでは足りない」と。後輪脇の反射板だと横から来る車からは視認不可で、ペダルの反射板は漕いで動いている状態でなければ分かりにくいんだそうです。

 

そこで、漕いでいてもいなくても回転しているタイヤに装着するウィングリフレクターを開発されました。

 

 

これは前後左右どの方向からも反射することで視認性を上げているそう。

 f:id:goodandbetter:20170422193201j:image

f:id:goodandbetter:20170422193215j:image

f:id:goodandbetter:20170422193226j:image

 

私も日常的に自転車に乗るのでこの存在を知ってすぐにAmazonで購入しました。

 

自転車に乗る人は夜間の灯火運転はもちろんのこと、後方や横方向からの車にも自分の存在を知らせ、お互いが事故を未然に防ぐ心がけが大事だと思います。

 

Amazonのレビューを読んでいると自転車のタイプによっては装着できないものもあるようなのでよく調べてみてくださいね☺︎2個入りもあります。 

 

最後に公式からの分かりやすい動画をどうぞ